抗菌紙

コロナ禍での生活も、一時と比べると落ち着いた感があります。

マスクの着用 手洗いや消毒 3密の回避・・・。

新しい生活様式を踏まえ、少しずつですが日常を取り戻しつつ、経済も回していかないといけない。

紙業界もかなりのダメージを受けましたが、周囲の動きだしに乗じて、少しはマシな状態になってきました。

企業のちらし、イベントの告知、旅行での土産物の函、様々な媒体に関わって、成り立っているのが痛いほどわかりました。

そんな中、最近、紙業界でよく聞く言葉が「抗菌」。

新型コロナウィルスや他のウイルスに対して、有効性があるわけではありませんが、ウイルスの不活性化、菌の低減などには効果があるようです。

何かにつけて気にすることが多いこのご時世に、少しの「安心」の付加価値を施した特殊紙になります。

 

機能性金属イオンを担持させることにより、高い抗ウイルス性能、消臭、
抗菌性能を持たせた「npi抗ウイルス上質」

上質と名前がついているだけあって、厚みはほぼコピー用紙くらいの厚さです。

上質と名前がついていますが、価格帯は遥かに高いです・・・。

案内文、回覧で使用する紙としての用途は思いつきますが、少し一般的すぎる紙の上、電子メールの横行する世の中で、少し使い辛い印象があります。

 

病原菌やウイルスの増殖を抑える働きのある「銀抗菌剤」を塗布した「抗菌ナチュラル」

こちらは厚みが190gほどあり、やわらかな黄味をおびた白色で、名刺、カードなどに使えそうな紙です。小さなものならば函に成型も可能な感じです。

 

抗菌作用のある原料を混合して抄いた和紙「抗菌和紙 自然色」

ベースは奉書と思われます。強サイズ入りなので印刷もできます。

無蛍光なので、掛け紙や箸袋、使い捨てのランチョンマット等、衛生面で特に気を遣う外食産業などで力を発揮できると思います。

人が視るもの、触るもの、包むもの、贈るものの一つの「紙」。

まだまだ可能性はあるように思う、この新商品をどうぞ よろしくお願い致します。