沿革

大正7年1月 榊󠄀人治が高松市瓦町にて創業。
昭和23年12月 資本金30万円にて東瓦町に株式会社榊󠄀紙店を設立。
代表取締役に榊󠄀一郎が就任。
昭和28年1月 資本金90万円に増資。
昭和33年2月 瓦町本社倉庫新築。
昭和37年10月 資本金270万円に増資。
昭和38年2月 藤塚町に板紙専用倉庫を新築。
昭和38年4月 加工部門・日本紙工を設立。(5年後、本社に吸収)
昭和41年5月 藤塚町へ本社倉庫を新築移転。
昭和41年11月 藤塚町へ本社新築移転。
昭和43年1月 資本金675万円に増資。
昭和47年9月 円座倉庫新築。
昭和48年11月 コンピューター導入。
昭和49年2月 円座に第2・第3倉庫増設。
昭和49年4月 東ハゼ町に本格的加工工場を設立。
昭和49年9月 シール印刷部門に進出。
昭和50年9月 成合町へトムソン工場を設立。
昭和52年6月 資本金3,580万円に増資。
昭和53年3月 四国で初めて「ファンシーペーパーショー」を開催。
昭和54年4月 設立30周年記念を行い、同時に資本金を3,971万円に増資。
昭和55年3月 資本金を4,368万円に増資。
昭和56年2月 第一工場へ新鋭高速スリッター導入。
昭和60年12月 朝日町へ本社・倉庫を新築移転。社屋と三ヶ所の工場を統合。(3,000坪)
昭和61年11月 コンピューターによる倉庫管理システム稼働。
昭和62年2月 資本金を5,000万円に増資。
昭和62年7月 システム裁断機導入。
昭和62年12月 カラー用(4色)シール印刷機導入。
昭和63年11月 朝日町倉庫増設。(2,500坪)
昭和63年12月 代表取締役社長に榊󠄀保憲が就任。
平成元年8月 新居浜営業所開設。(2,000坪)
平成4年2月 朝日町駐車場増設。(1,000坪)
平成9年11月 設立50周年及び創業80周年記念式典を行う。
平成10年1月 代表取締役社長に榊󠄀佳が就任。
平成19年8月 森林認証紙の取扱いを始める。
平成23年9月 藤塚の本社跡地を月極駐車場に改築。
平成27年1月 新居浜営業所に太陽光発電装置を設置。
平成29年10月 設立70周年及び創業100周年記念式典を行う。