備蓄用トイレットペーパー

6月決算の弊社は、7月から、新たなスタートになります。

香川県は梅雨入りしたものの、雨はほとんど降らず、四国の水がめである早明浦ダムの貯水量も、例年よりかなり低い位置のままです。

このままでは、また水不足になる可能性がありますが、接近してきている台風が頼みの綱という状況です。

毎年、水不足が話題になり、深刻な状況に陥るときも何度かありましたが、それと同じくよく話題になるのが南海トラフにまつわる地震・災害です。

今回、ご紹介したいのは、そんな災害時、の助けになるであろう「10年保証 備蓄用トイレットペーパー」です。

こちらの商品、高知県の丸英製紙さんの製品でして、材質としては再生紙100%で、巾114㎜×200m巻きで、長尺タイプの芯ありです。

1本あたりが通常のトイレットペーパーの約4倍巻いてあり、それを4個ごとに真空パック包装しているので、水害、湿気、カビ、害虫などから長期間防げる仕様になっております。

真空パックされた4個×3パックで1箱の入数になっており、その箱のサイズが幅360㎜×奥行245㎜×高さが250㎜ほど。

B4のコピー用紙1箱ほどの大きさなので、保管場所にかさばりにくく、おまけにメーカーの品質保証が10年間です。

震災などで最も困ったのが食料よりもトイレ不足。被災地のみならず、全国的にトイレットペーパーの品不足が発生したというデータもあります。

会社、コミュニティのみならず、家庭でも備蓄できるサイズのこの商品で、万一に備えてみてはどうでしょうか?