「グラフィーハンプF」

いつの間にか12月に突入していました。

年々、月日の移ろいがはやくなってきているように思います・・・。

久々に新商品の紹介です。

まずは平和紙業さんの「グラフィーハンプF」です。

「ハンプ」という名前が入っているとおり、「帆布」のような規則的なざらつきのある表面の、非塗工紙(印刷しても艶が出ない)です。

規格は四六判(1091×788)Y目<90><130><180>、菊判(939×636)Y目<62.5><90><125> の6種類。

色目は「白」ですが、やわらかな自然な白になっていて、スノーホワイトまで白くはなくナチュラルまではいかない、飽きのこない「白」1色の展開となっています。

「帆布」のような表情は、抄紙の時のフェルトの模様でして、片面のみになります。

ファンシーの紙で、エンボスやフェルトの柄が入っている紙はたくさんありますが、意外と片面のみが多いのです。

書籍の本文のように、両面に印刷するような紙以外は、片面仕様の用途が多いのが要因とは思います。

月表のカレンダー、本の表紙、帯、名刺、封筒、袋・・・。

内側の隠れている部分にまで表情は必要のないものが多いですね。

次に、片面フェルト柄の代名詞ともいえる「マーメイド」がリニューアルしました。

竹尾さんの最近のリニューアルは大掛かりなものが多く、今回もかなりのものです。

さざ波のようなフェルトマークに変更はありませんが、斤量は怒涛の9パターン、<70><90><110><135><153><175><210><240><350> この四六ベース

に加え、一部の斤量には白系だけですが菊判も用意。

圧巻なのは、<110><153><240>の3つの厚さは、60もの色数を用意しています。

今まであった厚さが変更になったり、まったく新しい厚みができたり、今回のリニューアルは大変、力が入っているのがよくわかります。

色で面白いのが、従来の色を、色を変えずに名前を変えたら、売れ行きが変わることがあることです。

人間の色に対するイメージが、色目だけでなく、名前の響きから感性が変わるのは、たいへん面白い現象だと思います。

個人的に好きな色の名前は「フロスティホワイト」「祝い紅」「コーヒービーンズ」などです。

メーカー、代理店がいろいろと考えて、このペーパーレスと言われる時代に、熱い商品を送り込んでくれています。

卸業の我々も、いろいろ知恵を絞って、お客様にアピールしていこうと思います。